読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

writing by シオ

あなたを引き込む謎のしお

思った事を相手に伝える為に


「え、それって…どういう事?」

何度も言葉重ねて、懇切丁寧に説明した相手の反応がこれ。全然わかってないみたい…

仕事の指示や考えが上手く通らないと
思ったら、伝わってないじゃん…っ




と思ったらコミュニケーションの問題にぶつかっていた。

って事で、
今回はコミュニケーションについて一緒に
考えていきましょう~!

って事で
あなたも日頃、コミュニケーションについて
思った事などあったらコメントで教えて下さいな!


◯。 ........................................ 。◯


自分の頭の中にあるモノを
そのまんまでは、相手に伝わらない。


なんでか?

それは、
自分の頭の中にある辞書の文字数と、人によってその言葉ごとのニュアンス(意味)が変わるから。



女子高生の会話例では…

(´-`).。oO《

2月が始まり、女子の間で専らの話題はやはり…

友「みてみて!バレンタイン用のケーキ作ったんだ!」

やはりバレンタインだ。
そして差し出されるショコラケーキとそのクオリティの高さ…!
これなら500円払ってでも食べたい美味しさだ。

私「え、何これ!?こんどレシピ教えて~」

友「何これ、ってどういう意味…?
下手くそ過ぎてケーキに見えないって事?」

友は眉をひそめて聞いてきた。
褒めたつもりだったけれど誤解されるとは…。》


こんな感じです。
ちなみに現代高校生の実話を載せてみました(笑)

さて、会話からわかるように

「何これ」の意味が…

私=ただの驚嘆
友=蔑みの驚き

と頭の辞書が表す意味が違った為に
すれ違ったとわかる。

よって、

〈☆対策☆〉
認識のズレ(誤解)を小さくする必要がある。
その為に、言葉の数や例えを使って、よりお互いの言葉の意味の一致を目指すのが有効だろう。

まぁ、フツーに説明する事に尽きるって
事ですね(笑)